よこっちさんちの鉄車日記
N模型、鉄道、飛行機写真と車や家族の日記です。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
14系 能登カプラー Ⅱ
こんにちは、          (1月7日)

 今日は、先日カプラー交換した14系「能登」ですが

 スハネフ14のカプラーSETで車間が広くなってしまい イマイチです

 キハ80カプラーだと車間が狭いのになぁ ?

 だからカプラーの改造をしてみました。

 * 改造は自己責任原則でお願いします

180107-1.jpg

      左側 かもめナックル      右側 キハ80カプラー

 この二つを使い改造しました


180107-2.jpg

 両方とも首チョンしました


180107-3.jpg

 それを強力瞬間接着剤 (タミヤ ストロング)で接着します

 この時、キハ80カプラー可動部の切り掛けが狭すぎると かもめナックルを挿入した後

 ホルダーに組み付けた時に左右に首が振らなくなりますのでかもめナックルと隙間の

 寸法をしっかり測って作りましょう、

180107-4.jpg

 乾燥後、ホルダーに可動部とバネを組み付け ボディ取り付け板に

 組み立てます 最後に左右に動くか確認して 動けば OK



180107-5.jpg

 かもめナックル+キハ80カプラー=キハかもめナックル

 車両に取り付ければ 完成 です

180107-6.jpg

 連結してみました 高さもまあまあでした 又 車間も短じまりました。


180107-7.jpg

 カーブもちゃんと首を振ってくれました、

 脱線も無く無事レイアウトを周回してくれました

180107-8.jpg

 中間車両側3両を交換してみました スハフ15車掌室側は機関車と繋ぐ為に

 そのままにしておきました。

 今日一日 チマチマしながら改造してみました。


 では、また  ・・・・・・・・・・・・



 
 
スポンサーサイト
⒕系能登カプラー?
こんにちは、     (1月3日)

 正月休みに入って、時間が空けば 14系能登を走らせています。

 しかし、ギモンがあります 機関車でフル編成で走らせることが出来ますが

 能登線 輪島行き編成の際 カプラーフォルダーを交換してナックル化してしますと

 次 フル編成で走らせる時に又元のカプラーに交換しなくてはいけません

 なんだかめんどくさいです


 緩急車(オハフ、スハフ、スハネフ)は、ナックルカプラーになりますが

 中間車はキハ80のカプラー仕様になっています

180103-1.jpg
180103-2.jpg

 中間車両はキハ80カプラー

180103-3.jpg
 
 こうなると、面白くない 前記の通り「輪島行き」から「座席車」を繋げて運転が出来ない

 なので 4、6、号車の片端と5号車の両端部カプラーを変えたいと思いました。

 今回使うのは、これ  

180103-4.jpg

 これを使ってナックルカプラー化にしたいと思います、

 しかし、床下の取り付け穴は、キハ80用カプラーの穴のみなので

 床下の改造をしなくてはいけません 

 デザインナイフでチマチマ削っていきます

 *もしマネをされる方は、自己責任原則でお願いします !

180103-5.jpg

 左側は、ナイフで削り込んだ穴    右側は、元々の穴です


180103-6.jpg

 両方とも削り込んだ穴、大変ですねぇ ! *(一応「キハ80」カプラーにも戻せます)

 オハフ15の車掌室側は元から穴が開いていましたから改造必要無し

 4号車オハ14 5号車オハフ15の中間連結側、6号車オハネ14

 の3両の片端部のみ改造しました

 そして 部品を取り付けます

180103-7.jpg

 出来ました、ナックルカプラー化

180103-8.jpg

 右側が「オハフ15」 5号車  左側「オハ14」 4号車



 これで「輪島行き」もフル編成できます 又、14系座席車のみも出来ますし

 取扱い説明書の中にある晩年から最終編成(オハフ15をひっくり返した編成)まで可能になりました。

 これでバリエーションも増え楽しく走らせます。


 では、また ・・・・・・・・・・・・




 

 
やっと終わりました。
 こんにちは、     (12月31日)

 とうとう今年も終わりです、長い様で短い一年でした、これも年のせいかなぁ?

 休みに入ってコツコツと14系能登をいじくっていましたが

 ようやく今年中に8両付け終わりました。

171231-1.jpg

 この14系寝台車の室内は、ちゃんと室内灯の本体が取り付けれるように

 改善されていました

171231-2.jpg

 オレンジフイルター付です

 本体光源部分が カチッ と収まります


171231-3.jpg

 暖かい色の室内灯が良いですね!


171231-4.jpg

 出来ました、 これで8両全部の室内灯とジャンパー管の取り付けが終わりました

 途中でジャンパ栓を飛ばしてしまい30分探したりして中断もしましたが

 今年中に終わってよかったでした。



 今年一年見て頂いた方々どうもありがとうございました。


 では、良いお年をお迎えください。




 
14系 やっと4両出来ました
こんにちは、   (12月29日)

 今日から 休みに入りましたが家の用事で忙しいです、

 さて、14系能登の室内灯の取り付けがやっと4両出来ました、

 3両目取り付け時点でクリアLEDが室内色の青色と合わない様な気がして

 オレンジフィルターを付けて取り付けてみました

171229-1.jpg

 なんだかこっちの方が良い様な気がしたので今まで取り付けた

 2両をバラシ光源にオレンジフィルターを取り付けて再度組み直しました



171229-2.jpg

 LEDをバラシてオレンジフィルターを付けるのも老〇の私には、

 至難の作業でなかなか進みません  

 そしてやっと4両まで来ました

 今後も ちまちま進めて行きたいと思います。


 では、また  ・・・・・・・・・・・・






しばしの空き時間 14系能登
こんにちは、     (12月18日)

 私の家の周りは雪景色です 雪はいらないねぇ !

 今週は夜勤です 寒いから嫌です。



 しばしの空き時間を使って 「能登」を少しいじくりました。

 カプラー交換とスハフ14の室内灯の取り付けです

 まずはカプラー交換です

171218-1.jpg

 カプラーは、付属の物は長いので EF66用の短い物を付けました

171218-2.jpg

 これでやっと機関車で牽く事ができます

 続いて 室内灯を取り付けます

171218-3.jpg

 室内灯は、 KATOのLEDクリアです

171218-4.jpg

 KATOの車両はKATOの室内灯しか手持ちが有りません

 TOMIXならばイルミやTOMIX純正品などがあるのですが ・・・・・・・・・・・

171218-5.jpg

 導光板は折れ線の所ではなくニッパーを使いギリギリまで引っ張り

 取り付けてみました。


171218-6.jpg

171218-7.jpg

 端っこまで光が行き届いて良いですねぇ!

 連結の高さもバッチリです

171218-8.jpg


 牽引のEF81も年代物で銀帯がすり切れていますねぇ

 手すりも無いタイプです、古い !


 ここで次の用事で出かけて行かなくてはならず終了です

 全部終わるのは年末ぐらいかな?



 ではまた ・・・・・・・・・・・・

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ